岩井俊雄によるTENORI-ON開発レポート&作品情報
by tenori-on
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
TENORI-ON TNR-i
iPad, iPhone, iPod touchでTENORI-ON!!

TENORI-ON 国内official HP
ついに日本語のTENORI-ON
公式サイトがOPEN!

TENORI-ON Global site
海外向けのTENORI-ON
公式サイト

TENORI-ON myspace music
myspace上のTENORI-ON情報ページ

TENORI-ON HP(old)
開発中に公開していたヤマハデザインサイト内のTENORI-ON公式webです

ELECTROPLANKTON
[Official Japanese site]
[Official US site]
[Official European site]
ニンテンドーDS上で動く音と光のメディアアート 『エレクトロプランクトン』

いわいさんちweb
親子や家族のあり方をテーマにした、岩井俊雄のもうひとつのブログです。
以前の記事
MITメディアラボ講演
ボストン時間8月4日午後
今日はマサチューセッツ工科大学、MITメディアラボで講演の日。
僕を呼んでくれたのは、メディアラボ教授でTangible Media Groupを
率いる石井裕さん。

石井さんとは、94年にトロントで初めて会って以来、
ずっとよき友人であり、刺激しあうライバルでもあるのです。

d0074455_17445711.jpg
d0074455_1745773.jpg
d0074455_17451616.jpg
学内にりっぱなポスターもたくさん貼ってくれて
メディアラボ地下のBartos Theatreには
うれしいことに、通路にまであふれんばかりの人が
僕の講演を見に来てくれました。

ある意味、この世界で最も名誉な場所での講演です。
準備にもみっちり時間をかけて
一生に一度の渾身の一回のつもりで臨みました。

そして「From Flipbooks to Media Art」と題した
約1時間半のトーク、デモ、TENORI-ONパフォーマンス。

聴衆のレベルがめちゃくちゃ高く、反応もよくて
僕自身、とても乗ってしゃべることができました。

講演の最後、時間がオーバーしかけたのですが
どうしてもここでしゃべっておかなければならない、と
思ったのが、僕の本『いわいさんちへようこそ!』のことです。

デジタルのメッカであるMITメディアラボでこそ、
なぜ僕が今、子供とのローテクな、手作りの遊びを
続けているのか、その理由を話しておきたかった。

TENORI-ONのパフォーマンスのあとでいきなり
どうかな、と思いつつ、本に載せた「リベットくん」などの
紹介をしたのですが、これが意外にもすごく受けました!

デジタルやテクノロジーの未来を見据える
MITメディアラボだからこそ、僕の大きな問題提起を
真摯に受け取ってくれたようです。

d0074455_1745256.jpg
講演終了後は石井さんのご自宅でホームパーティ。
入口にはしっかり「いしいさんちへようこそ!」と書いてありました(笑)

石井さん、本当に有意義な講演の機会と
素敵なおうちでのパーティ、ありがとうございました!
(IWAI)
[PR]
by tenori-on | 2006-08-05 18:18 | SIGGRAPH2006
<< CAN YOU HANDLE ... シーグラフ終了! >>


カテゴリ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧