岩井俊雄によるTENORI-ON開発レポート&作品情報
by tenori-on
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
TENORI-ON TNR-i
iPad, iPhone, iPod touchでTENORI-ON!!

TENORI-ON 国内official HP
ついに日本語のTENORI-ON
公式サイトがOPEN!

TENORI-ON Global site
海外向けのTENORI-ON
公式サイト

TENORI-ON myspace music
myspace上のTENORI-ON情報ページ

TENORI-ON HP(old)
開発中に公開していたヤマハデザインサイト内のTENORI-ON公式webです

ELECTROPLANKTON
[Official Japanese site]
[Official US site]
[Official European site]
ニンテンドーDS上で動く音と光のメディアアート 『エレクトロプランクトン』

いわいさんちweb
親子や家族のあり方をテーマにした、岩井俊雄のもうひとつのブログです。
以前の記事
光の音を聴く
11/3から札幌芸術の森美術館で開催中の展覧会に僕の作品が展示されています。

札幌芸術の森開園20周年記念 広島市現代美術館コレクションによる
『この20年の、20のアート』
2006年11月3日(金)~2007年1月14日(日)
http://www.mocas.jp/
d0074455_323718.jpg
出品しているのは、2003年に制作した『光の音を聴く』というタイトルのインスタレーション。

この作品、実は以前広島市現代美術館からの委嘱により制作したもので
これまで広島以外では展示されたことのない作品です。

SOUND-LENSのアイデアを発展させて制作した作品で、
SOUND-LENSは光を音に変換してヘッドホンで聴くモバイルタイプの作品でしたが、
これは手に持つSOUND-LENS部分にスピーカーが内蔵されていて
光を音のみならず、振動や空気の動きとして体感できるようにしたものです。

写真の左側に小さく映っているのが、SOUND-LENSのセンサー+スピーカー部分で、
右側の壁面パネル部分には、いろいろな音を出す光源が25個取り付けてあります。

光に、SOUND-LENSを近づけると、手のひらに音とともに
風や空気の振動を感じられ、視覚・聴覚だけでなく、触覚や温度といった皮膚感覚も
同時に自分の手の動きとともに変化する面白さを体験できます。

もしお近くにお住まいの方は、ぜひ体験してみてください。
(IWAI)
[PR]
by tenori-on | 2006-11-21 03:43 | etc
<< パパサウルス再放送 LIVE in 町田・簗田寺 >>


カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧