岩井俊雄によるTENORI-ON開発レポート&作品情報
by tenori-on
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
TENORI-ON TNR-i
iPad, iPhone, iPod touchでTENORI-ON!!

TENORI-ON 国内official HP
ついに日本語のTENORI-ON
公式サイトがOPEN!

TENORI-ON Global site
海外向けのTENORI-ON
公式サイト

TENORI-ON myspace music
myspace上のTENORI-ON情報ページ

TENORI-ON HP(old)
開発中に公開していたヤマハデザインサイト内のTENORI-ON公式webです

ELECTROPLANKTON
[Official Japanese site]
[Official US site]
[Official European site]
ニンテンドーDS上で動く音と光のメディアアート 『エレクトロプランクトン』

いわいさんちweb
親子や家族のあり方をテーマにした、岩井俊雄のもうひとつのブログです。
以前の記事
Tokyo Loop
古川タクさんからのお誘いで、イメージフォーラムが
アニメーション映画生誕100年を記念して企画した
16組の作家によるオムニバスアニメーション「Tokyo Loop」に参加しました。
12/23より、渋谷のシアター・イメージフォーラムで正式上映が始まります。

僕が制作したのは、『12 O'Clock』という5分間のアニメーション。

フィルム作品を作ったのは、本当に久しぶりです。
どんなフィルムにするか、ギリギリまで悩み、
結局は自分が映像制作の世界に興味を持った原点である
驚き盤をモチーフにすることにしました。

時計の文字盤部分に、驚き盤の映像が
浮かんでは消え、変化を延々と繰り返します。
d0074455_20185272.jpg
d0074455_20211978.jpg
d0074455_20191079.jpg
d0074455_20191614.jpg
d0074455_20192356.jpg
d0074455_20192975.jpg
この映像は、すべてCGのようにも見えますが、実際に家で使っている時計をデジカメ写真に撮り、
それにコンピュータ上で驚き盤を合成したものです。
部屋の壁や、テーブルの上の鉛筆、消しゴムも実物です。

今から20数年前。僕が高校生の時、たまたま本屋で古川タクさんの作品集を手に取り、
そこに載っていた驚き盤に心奪われたのが、そもそも僕が映像の世界に
足を踏み入れたきっかけでした。

その古川タクさんに誘われた「TokyoLoop」で
これまでの驚き盤への思いをさまざまに表現してみました。
フィルム作品ですが、ストーリーも起承転結もないので、
どちらかというと、アンビエントな映像の一部として見ていただけたらと思います。

本当は、5分間ではなく、永遠と動き続ける映像オブジェとして
こんな時計を部屋に置いておきたいのです。
驚き盤とは、フィルムのようなリニアなものではなく、
そういうエンドレスな存在だと思っています。

僕のパートは、恥ずかしながら上映の最後です。
ヴァリエーションに富んだ「TokyoLoop」本編のあとの
息抜きの気分でごゆっくりお楽しみください。

Tokyo Loop 公式HP
http://www.imageforum.co.jp/tokyoloop/
(Flashで僕の驚き盤時計が、画面の隅で実際の時を刻んでいます)

12/23の初日には古川タクさんとともに、上映前にごあいさつする予定です。
(IWAI)
[PR]
by tenori-on | 2006-12-19 20:48 | etc
<< AXIS 2007 Augus... いわいさんちwebオープンします! >>


カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧