岩井俊雄によるTENORI-ON開発レポート&作品情報
by tenori-on
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
TENORI-ON TNR-i
iPad, iPhone, iPod touchでTENORI-ON!!

TENORI-ON 国内official HP
ついに日本語のTENORI-ON
公式サイトがOPEN!

TENORI-ON Global site
海外向けのTENORI-ON
公式サイト

TENORI-ON myspace music
myspace上のTENORI-ON情報ページ

TENORI-ON HP(old)
開発中に公開していたヤマハデザインサイト内のTENORI-ON公式webです

ELECTROPLANKTON
[Official Japanese site]
[Official US site]
[Official European site]
ニンテンドーDS上で動く音と光のメディアアート 『エレクトロプランクトン』

いわいさんちweb
親子や家族のあり方をテーマにした、岩井俊雄のもうひとつのブログです。
以前の記事
TENORI-ON映像 from YouTube その3
YouTubeから勝手に選んだTENORI-ON映像、第3弾はこれにしました。
d0074455_1575396.jpg
"One Layer, One Tenori-on, One Sound"というタイトルの通り、
とてもシンプルにBounceモードのレイヤーだけで、1音色で演奏したもの。

この映像の見どころは、BounceモードのSound Lengthをかなり長くし、
途中ファンクションボタンのR3を使ってTransposeを変え、オクターブを上下させているところです。
(L3のオクターブ切り替えでも同じことできますが)
こうすると、前に鳴った音が持続したまま、
新しく鳴る音のオクターブが変わるので、何重にも音が重なるんですね。
一度知ってしまえば誰でもできそうなシンプルなことですが、アイデアですね。
音の選び方や、切り替えのタイミングもポイントです。

リンクはこちらです。
これもヘッドホンを使って見たほうがよいです。

ちなみに、この映像ではMIDIを使って外部音源を鳴らしているようですが、
TENORI-ONの内蔵音源でも、似た雰囲気のものができないか僕も試してみました。
音色としては、15/01 Candera または 03/07 TinyWindあたりで、
L2ボタンでSound Lengthを2000msくらいに長くすると雰囲気でます。

また、この映像よりも、もっと下の方で音をたくさんバウンドさせて鳴らしても面白いです。
お試しください。
[PR]
by tenori-on | 2008-05-31 15:22 | TENORI-ON
<< TENORI-ON映像 fro... TENORI-ON映像 fro... >>


カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧