岩井俊雄によるTENORI-ON開発レポート&作品情報
by tenori-on
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
TENORI-ON TNR-i
iPad, iPhone, iPod touchでTENORI-ON!!

TENORI-ON 国内official HP
ついに日本語のTENORI-ON
公式サイトがOPEN!

TENORI-ON Global site
海外向けのTENORI-ON
公式サイト

TENORI-ON myspace music
myspace上のTENORI-ON情報ページ

TENORI-ON HP(old)
開発中に公開していたヤマハデザインサイト内のTENORI-ON公式webです

ELECTROPLANKTON
[Official Japanese site]
[Official US site]
[Official European site]
ニンテンドーDS上で動く音と光のメディアアート 『エレクトロプランクトン』

いわいさんちweb
親子や家族のあり方をテーマにした、岩井俊雄のもうひとつのブログです。
以前の記事
ヤマハ西堀くん南米旅行記
岩井です。

今年の初め、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行われる
OneDotZeroというイベントの主催者から、
TENORI-ONのプレゼンとデモをやってくれないか、
という依頼メールが届きました。

ブエノスアイレス!
南米には行ったことなかったので興味はあったのですが、時期は9月末。
すでに僕はいろいろ予定が入っていて、残念ながら行けそうにありません。

しかし、僕の代わりにヤマハ西堀くんが行けることになりました。

ということで、せっかくなので、今回は西堀くんが旅先から僕に日記を送って、
それを僕がこの開発日誌にアップする、というスタイルで
南米レポートをお送りしたいと思います。


まずはダラス経由でチリのサンチアゴのアトムハート邸に向かった西堀くん。

「今回は、かなりヘビーな旅になると予想していたのですが、
追い討ちをかけるように問題が降りかかってきて
(飛行機キャンセル、荷物が出てこない、、などなど)、
かなり大変です。。今はなんとか、Atomの家に着きました。」

とのメールがありました。
でもアトムの家に着いてからはずいぶんリラックスした時間を過ごしたようです。

では、以下西堀くんの南米旅行記をお楽しみください~

*********

■9/19(金) Dallas空港にて
日本時間では、朝の8時だが、こちらは夜の6時。
待ち時間が6時間半もあるので、やはり飲んでしまう。
d0074455_101032.jpg
適当に目に入った Irish Pub でギネス1パイントを貰う。うまい。
店のBGMがすべてローリングストーンズ。
“Start me up” が流れている。Pubの店員も大声で一緒に歌ってる。
という感じで飲んでいたら、搭乗時間を5分過ぎているのに気が付く。
早足で搭乗ゲートへ向かうと、2時間遅れと案内板に書かれていて脱力。
さらに機内食も急に出なくなったとのこと。10時間フライトなのに、、。

2時間待っても、ゲートが開かない。おかしい。
するとアナウンスで、「もう1時間遅れます」とのこと。
さすがに少し疲れてきたが、飛行機の中で寝ればいいと自分を言い聞かせる。
1時間経っても、まだゲートが開かない。
するとまたアナウンスで「今日の便はキャンセルとなりました」と言っている。
これはひどすぎる。
客が一斉にカウンターへ集まり、猛烈な抗議の嵐。
だが、American Airline側からは、なんの説明もなく、荷物を取って、
ホテルに泊まれとの指示。 
ホテル券と朝食$5&夕食$15のクーポンが配られる。

仕方なく脱力気味で、Baggage Claim に向かうと、荷物が次々と出されていた。
ただいくら待っても、自分の荷物が出てこない。おかしい。
荷物係のインド人にトラッキングナンバーで、
今どこに荷物があるか調べろと言っても何もせず、
明日American Airlineに電話しろと、電話番号の書かれた紙をもらう。
何度言っても、何もしてくれないので諦めて、シャトルバスに乗り、
空港近くのHoliday Innへ。
Hotel に到着すると、すでにフロントにはチェックインをするための長蛇の列が、、。
また待つのかと、さすがにここで疲れがピークに達した。
45分ほど待って、やっとチェックイン。部屋に着いたのが午前3時。
午前6時にはチケットの予約をするために朝一で
航空会社に電話をしなければいけない。。

■9/20(土) Dallas → Santiagoへ
午前6時に起きて、American Airlineへ電話。
電話に出たアメリカ人の女性担当者は、
「チケットは9/22(月)までないので、諦めろ」との一点張り。
アメリカ人嫌いに拍車が掛かる。
話にならないので、日本人担当者はいないか聞くと、いると言うので、代わってもらう。
強めに抗議したら、なんとかロス経由のLAN Chile 便が1席だけ空いているとのこと。
迷わずこのチケットを予約。
なんでアメリカ人担当者は、諦めろの一点張りだったのか。。
そういう国なんだなと改めて実感した。

■9/21(日) その1 Atom Heart邸にて
Dallas → L.A → Santiago の15時間以上に及ぶ長旅だったが、
なんとか無事Santiago に到着。
以下は、Santiago空港。iPhoneの宣伝がでかでかと掲示されている。
d0074455_101747.jpg
2時間ほど遅れて、ぼくのスーツケース2個も到着。
これでやっと通常に戻った。
安心したのと同時に長旅から少し疲れが出るが、
Santiago滞在は、1日しかなくなったので(当初は2日の予定だった)、
空港からタクシーで、早速Atom Heart邸へ。
今日は休日なので、街に人は少ないが、Santiagoの街並みが、
想像以上に近代的で驚く。
d0074455_1011543.jpg
Atom邸周辺は、街の中心だが落ち着いた住宅街だった。
朝の9:30頃に到着し、家のベルを鳴らすと、
Atomがガウン姿で出迎えてくれた。今、目覚めたとのこと。
いや~、やっと着きましたという感じで、ほっとする。
早速シャワーを浴びさせてもらった後、家の中を色々と案内してくれた。
d0074455_1012221.jpg
庭がとてもきれいで、レモンの木が生っている。
このレモンを日常の食事に使うそうだ。
d0074455_1012890.jpg
庭から見たAtom邸。
d0074455_1013434.jpg
d0074455_1014093.jpg
家の中は、とてもきれいで物をあまり置いていないからか、
すごく落ち着いている。
d0074455_1014795.jpg
2階には、Atomのスタジオがある。
とってもシンプルで、スピーカ2つに小さなミキサー1個、
シンセ1つにドラムマシーンが1つ、マイク1つ、iBook1つと、機材がとても少ない。
だが、ここ10年の楽曲制作は、すべてここで作られているとのこと。すばらしい。
d0074455_1015339.jpg
スタジオに隣接してるバルコニーには、サボテンがいっぱい。
家の案内が終わると、早速、奥さんのシシリアさんとAtomとで朝食を作ってくれた。
d0074455_102510.jpg
一人娘のルル(ミドルネームは、「ミハル」。コシ・ミハルさんから取ったそうだ。)も
キッチンに合流し、一緒に朝食を食べる。
ルルは、Santiagoでスイス人学校に通っており、
スペイン語とドイツ語を流暢に使いこなす。
英語は勉強中だがちょっとだけ話せるので、
ぼくとのコミュニケーションは、ジェスチャーと簡単な英語。
恥ずかしそうな仕草が、とてもかわいい。

朝食後、Atomが「eBayで落札したいものがあって、あと1時間30分かかる」というので、少し休憩。
ぼくが使わせてもらったのは、いわゆるゲストルームで、
トイレやバスルームもあって快適。棚に収められているCDをチェックするのも楽しかった。
やはり細野さん関連が多い。

■9/21(日) その2 Santiago観光
eBayの落札が無事済んだそうで、シシリアさんの運転でSantiago観光へ繰り出す。
市内のある丘に公園があって、そこからの眺めがいいから、行こうとのこと。
ぜひお願いします!ということで、早速、丘へ向かった。
d0074455_102241.jpg
丘を登っていると、たくさんの人で溢れていた。
市内には少なかった人が嘘のようだ。
アンデス山脈がとてもきれい。

from 西堀
[PR]
by tenori-on | 2008-09-27 09:55 | TENORI-ON
<< ヤマハ西堀くん南米旅行記 その2 サザンオールスターズ with... >>


カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧