岩井俊雄によるTENORI-ON開発レポート&作品情報
by tenori-on
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
TENORI-ON TNR-i
iPad, iPhone, iPod touchでTENORI-ON!!

TENORI-ON 国内official HP
ついに日本語のTENORI-ON
公式サイトがOPEN!

TENORI-ON Global site
海外向けのTENORI-ON
公式サイト

TENORI-ON myspace music
myspace上のTENORI-ON情報ページ

TENORI-ON HP(old)
開発中に公開していたヤマハデザインサイト内のTENORI-ON公式webです

ELECTROPLANKTON
[Official Japanese site]
[Official US site]
[Official European site]
ニンテンドーDS上で動く音と光のメディアアート 『エレクトロプランクトン』

いわいさんちweb
親子や家族のあり方をテーマにした、岩井俊雄のもうひとつのブログです。
以前の記事
ヤマハ西堀くん南米旅行記 その2
西堀くんから届いた南米旅行記その2。
お酒大好きでグルメな西堀くんらしいレポートです(笑)

*********

■ 9/21(日) その2 Santiago観光
eBayの落札が無事済んだそうで、シシリアさんの運転でSantiago観光へ繰り出す。
市内のある丘に公園があって、そこからの眺めがいいから、行こうとのこと。
ぜひお願いします!ということで、早速、丘へ向かった。
d0074455_102241.jpg
丘を登っていると、たくさんの人で溢れていた。
市内には少なかった人が嘘のようだ。
アンデス山脈がとてもきれい。
d0074455_19243890.jpg
丘の頂上に到着すると、AtomによるSantiago市内の説明。
思っていたよりも、Santiagoは大きな街だった。
d0074455_19244726.jpg
d0074455_19245990.jpg
d0074455_19253558.jpg
その後、辺りふらふらしてから、車で市内のペルー料理屋へ。
ペルー料理は、とても好きなので(渋谷のMirafloresという店によく行きます)楽しみ。
d0074455_19254712.jpg
d0074455_19255648.jpg
ここはシーフードを得意とする店らしいが、ぼくらは肉ばかり頼んでしまった。
緑色のスパイシーソースがとてもおいしく、どんな料理にかけてもうまい。

■ 9/21(日) その3 Atom邸の夜
Atom邸へ帰宅後、さすがに疲れて少し仮眠。
d0074455_1926747.jpg
その後、簡単な夕食を取って、Atomとチリ赤ワイン大会。
Atomは今日のために、わざわざいいワインを買っておいてくれたそうだ。
どうもありがとうございます!

ワインを飲みながら、ディープな語らい。
ぼくにとっては、久々にゆったりとした時間。
やはり細野さんについての話がほとんど。
友人から借りて持っていった細野さんの古い本「地平線の階段」を見せると
訳して欲しいというので、序文の詩を英訳して聞かせる。
かなり納得してくれて「その通りだ」ということになり、更にワインが進む。
それに触発されてか、Atomもクリス・モズデルさんの本を取り出し、見せてくれた。

その後、ヨーロッパや日本の抱える現代の問題、アメリカ人ってどうしてああなのか
などなど、話はグローバルな内容に広がっていき、夜も更けていった。
d0074455_21593555.jpg
「明日も早いし(4:30 amにAtom邸を出発予定。。)、そろそろ寝ようかな」
と言ったら、早速Atom夫妻がベッドメーキングしてくれた。
d0074455_21594469.jpg
使わせてもらったこのブランケット、実はAtomのある楽曲のMIDI譜を
特注で編んでもらったものらしい。すごい!!
そんな貴重なブランケットに身を丸め、4時間ほど熟睡。

■ 9/22(月) SantiagoからSao Pauloへ
早朝4:30。
シシリアさんに呼んでおいて頂いたタクシーに乗り込み、空港へ。
d0074455_2201236.jpg
既に結構な人数がチェックインのため並んでいる。

5時間ほどのフライトでサンパウロへ無事到着。
空港では、Kieran Hebden ( Four Tet ) から紹介された、
音楽関係の仕事をしているEduardo が迎えに来てくれていた(今回が初対面)。
彼は、Four Tet や Tortoise、Smog、Cat Powerなどの
ブラジルツアーのコーディネートを行っていたりする。

市内へ向かうタクシーの中で、お互いの友人・知り合いを確認したところ、
Kieran以外にも、The PastelsやBill Wells、John Herndon(Tortoise)の名前が挙がる。
世界は狭いと改めて実感。
ホテルに到着後、すぐに昼飯へ直行。
d0074455_2202373.jpg
連れてってもらったのは、北ブラジルの煮込み料理屋。
これが、めちゃくちゃうまい!!トマトベースに魚の煮込みなのだが、
臭味はまったくなく、ごはんがとても進む。
d0074455_2204492.jpg
d0074455_221421.jpg
しかも、これと一緒に頼んだブラジルのビール、
「ORIGINAL」と「SERRAMALTE」が、ギンギンに冷えてて、熱い煮込みによく合う。
日本で言えば、浅草の飲み屋街の「もつ煮込み+アサヒ熟撰」の感覚か。
なにはともあれ、とにかくうまい。
ここでEduardoの信頼性が、自分の中でかなり高まったので、夕食も楽しみになる。
d0074455_2215074.jpg
d0074455_2215622.jpg
その後、辺りをぶらぶら歩きながら、次にどこへ行くか話し合う。
この周辺は、飲み屋と楽器屋が多く、お茶の水みたいな感じだった。
そのため、YAMAHAの名前がやたら目に止まる街でもある。。まあいいか、、。
d0074455_222672.jpg
d0074455_2221429.jpg
その後、地下鉄に乗り、東洋人街へ。
地下鉄は、とても安全で本数が多く便利。
d0074455_2234299.jpg
東洋人街は、思っていたよりもそんなに大きくなかった。
建造物も日本というよりは、(中国+日本)÷2といった印象を受けた。

その後、ホテルに戻り、近くのEduardoお薦め飲み屋へ行く。
昼飯の時間が遅かったせいもあり、軽くつまむことにした。
d0074455_2235086.jpg
まずはギンギンに冷えたビール「Brahma」で乾杯。文句なしにうまい。
d0074455_224236.jpg
そして次にCapirinhaというブラジルのスピリッツを頂く
(ライムが丸ごと1個、輪切りで入っている)。
どことなしか甘く、かつライムのすっきり感が見事に調和していて、うまい。
このスピリッツ、ブラジル以外にも、ドイツの若者の間で人気があるらしい。不思議だ。

■ 9/23(火) サンパウロ観光
Eduardoにホテルまで来てもらい、地下鉄で市場へ行った。
d0074455_2242738.jpg
市場近くの駅で降りると、そこはすごい人だかり。
南米のパワーを感じた。
市場近くには、個性の強い人やものが多かった。
d0074455_2245734.jpg
大声で何かを叫びながら(たぶん客寄せ)、パイナップルを叩き割るおじさん。
d0074455_225517.jpg
自転車型包丁研磨器?
d0074455_2251497.jpg
廃虚の高層アパートメント。
あんな高い位置に、どうやって落書きしたのだろうか。
d0074455_225218.jpg
ここが市場。
外見は、そっけないけれど中は広くてバラエティに富んでいる。
d0074455_2252818.jpg
d0074455_2253840.jpg
さすがに市場だけあって、活気がある。
d0074455_228739.jpg
d0074455_2264047.jpg
d0074455_226493.jpg
d0074455_2265553.jpg
フルーツが多く見受けられる。とてもカラフル。
どでかい卵にも、なぜか絵が描かれていた。牧歌的な絵。
d0074455_227352.jpg
その後、Eduardo と市場の2階で昼食。
ここでは、ブラジルの伝統料理を食べた。
米+豆+肉+野菜+チーズのてんこもり。
肝心の味は、正直なところそこまでではなかった。
d0074455_2271024.jpg
その後、ホテルに戻り少し仕事。
明日も早いので(朝6:00にホテルを出発)、夜はホテル近くの飲み屋で
軽く夕食を済ませる。

from 西堀
[PR]
by tenori-on | 2008-09-30 19:14 | TENORI-ON
<< a-cita cafe TEN... ヤマハ西堀くん南米旅行記 >>


カテゴリ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧