岩井俊雄によるTENORI-ON開発レポート&作品情報
by tenori-on
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
TENORI-ON TNR-i
iPad, iPhone, iPod touchでTENORI-ON!!

TENORI-ON 国内official HP
ついに日本語のTENORI-ON
公式サイトがOPEN!

TENORI-ON Global site
海外向けのTENORI-ON
公式サイト

TENORI-ON myspace music
myspace上のTENORI-ON情報ページ

TENORI-ON HP(old)
開発中に公開していたヤマハデザインサイト内のTENORI-ON公式webです

ELECTROPLANKTON
[Official Japanese site]
[Official US site]
[Official European site]
ニンテンドーDS上で動く音と光のメディアアート 『エレクトロプランクトン』

いわいさんちweb
親子や家族のあり方をテーマにした、岩井俊雄のもうひとつのブログです。
以前の記事
<   2006年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
sonar sound tokyo @ スペースシャワーTV
先日のsonar sound tokyoの模様が、スペースシャワーTVの
SPACE SHOWER MUSIC HEADLINEで今晩放映される、
という連絡が、つい先ほど入りました。
d0074455_17582436.jpg
放送時間は以下の通りだそうです。

■SPACE SHOWER MUSIC HEADLINE

 ◆初回放送:
 10/27(金) 19:56~20:00

 ◆リピート:
 10/27(金) 24:00~24:04
 10/29(日) 10:00~「SPACE SHOWER HOT 50」内
 10/30(月) 6:30~6:34
 10/30(月) 12:56~13:00
 10/30(月) 16:00~16:04

僕のライブの様子もごく短く紹介されるようです。
今回はたったの4分枠ですが、12月には1時間枠の
sonar sound tokyoの特集番組が予定されているそうです。
楽しみですね!
(IWAI)
[PR]
by tenori-on | 2006-10-27 17:57 | SONAR2006
12K | Line JAPAN TOUR 2006 フライヤーより
10月29日(日)の町田・簗田寺でのライブが近づいてきました。
僕の出番は2番目、4時半ごろからとなりそうです。

今回のライブは、どんなライブなの?と聞かれるのですが、
実は僕も、他の出演者のこと、よく知らないんですよね…
(ヤマハ西堀くんからちょっと聞いたくらい)

フライヤー裏面に今回の出演アーティストの解説が載っています。
参考になるかもしれないので、下記に引用しておきます。
(IWAI)
d0074455_1549162.jpg
12K | Line JAPAN TOUR 2006

ミニマリズムとナラティヴィティの共存を探求するテイラー・デュプリーと、コンテンポラリーアートの領域にまで及ぶ充実したキャリアを経て、3年半ぶりの日本公演となるリチャード・シャルティエ。近年の電子音楽における最重要レーベルのひとつである12K/LINEを運営する二人のサウンドアーティストが来日します。

テイラー・デュプリーは、現在進行中のプロジェクトであるminamoの安永哲郎とのコラボレーションによるライヴパフォーマンスを初披露します。リチャード・シャルティエは、CD作品でのマイクロスコピックな作風とは異なる、ダイナミックな演奏を行う予定です。

合わせて、12Kから新たな展開を予感させる新作を発表したばかりのFourColor、魚喃キリコ原作の映画「ストロベリーショートケイクス」のサウンドトラックが話題を呼んだmiroque、Flyrecからのアルバムでアコーディオンやトイピアノの愛らしい音色を聴かせたtrico!、チェロやマンドリンなどの楽団編成でチャーミングなライヴを展開するサタデー・イヴニング・ポストが公演をサポート。

さらにスペシャルゲストとして、メディアアーティストであり、SONAR 2006やARS ELECTRONICA、SIGGRAPH2006、SONAR SOUND TOKYOなど、国内外でのサウンドパフォーマンスも大きな話題を呼んでいる岩井俊雄が登場。ヤマハと共同開発中の全く新しい電子楽器「テノリオン」を用いたライブ・アクトで登場します。
[PR]
by tenori-on | 2006-10-26 12:01 | etc
町田のお寺でライブやります
10月29日(日)の夕方、東京都町田市の簗田寺(りょうでんじ)という
お寺でライブをやることになりました!
d0074455_21542916.jpg
12K | Line JAPAN TOUR 2006
http://www.cubicmusic.com/japanese/event.html

■日時: 10月29日(日) 15:30開場/16:00開演
■会場: 町田・簗田寺 http://www.ryoudenji.net/
■出演: テイラー・デュプリー+安永哲郎(minamo)
      リチャード・シャルティエ
      FourColor
      岩井俊雄
      miroque(360°)
      trico!(flyrec)
      サタデーイヴニングポスト
■料金: メール予約: 2,300円(w/1food)/当日: 2,800円(w/1food)

このライブの企画者で、出演者の1人でもある、
minamoの安永哲郎くんからの出演依頼。
彼とは、この前全然別の仕事の打ち合わせで会い
その帰りに、急に「仕事と関係ないんですが…」と誘われました。
お寺のライブ、というのが面白そうなので引き受けることに。

実際の場所は見てないのですが、
本当にお寺の本堂の広間で、仏像を背にしてやるそうです。
お客さんは床にベタッと座ってのんびり聴くような感じらしい。
カレーも出すそうです。

映像はまったく使えないらしく、
何をやるか決めかねているのですが
TENORI-ONでその場の空気を感じながら
半分即興でやるのはどうだろう?となんとなく思ってます。
(IWAI)
[PR]
by tenori-on | 2006-10-16 22:30 | etc
British Academy Video Games Awards
エレクトロプランクトンが、イギリスのアカデミー賞が主催する
British Academy Video Games Awardsの3部門にノミネートされ、
その中のAUDIO部門賞を授賞しました!

d0074455_1647529.jpg
ノミネートされたのは次の3部門:

INNOVATION
CASUAL & SOCIAL
AUDIO


その中で、見事AUDIO部門での授賞となりました!
詳しいノミネート作品と授賞作品のリストは↓です。
http://www.bafta.org/site/page413.html

このBritish Academy Video Games Awardsというものの存在も、
今回の授賞のことも、最近まで知らなかったのですが、
イギリスのアカデミー賞協会が、映画、テレビに続く”第3”の映像アートジャンルとして
ビデオゲームを捉え、設立したもののようです。
(映画とゲームがまったく別扱いの日本に比べ、さすがイギリス、わかってますね)

その中の、3つもの部門でノミネートされたのもうれしいですが、
特に、音楽にとてもうるさいイギリスでのAUDIO部門の授賞は
メチャクチャうれしいです。

欧州版エレクトロプランクトンの発売後、これまでの
ユーザーの反応とちょっと違う熱いものを感じていましたが
こうしたかたちで評価されると、本当に作ってよかったなあ!と思います。

僕がまだ学生だった1987年に、ファミコンディスクシステムでリリースした
「オトッキー」から、チャンスあるたびに、ビデオゲームの世界に
音楽とクリエイティブを持ち込もうと、何度か挑戦してきましたが、
エレクトロプランクトンが世界的にリリースされ、今回のような結果も出て
僕がずっとトライしてきたことが、ようやく20年近く経って認められはじめた気がします。
(IWAI)
[PR]
by tenori-on | 2006-10-16 17:14 | Electroplankton
MacPOWER アルスエレクトロニカ・レポート
MacPOWER11月号に、今年のアルスエレクトロニカのレポートが
10ページに渡って掲載されました。

その中に、僕のインタビューも2ページ載っています。
d0074455_15194619.jpg
インタビュアーは、現代美術界のチアリーダー・山口裕美さん。
僕のポートレイト写真は、アルスエレクトロニカ・センターの
階段で撮影してもらったものです。

あと、カーサブルータス11月号にも、6ページの
アルスレポートが載っています。

それにしても、このところめまぐるしくて、
アルスも、もうずいぶん前のことに思えます…。

こうしてブログを書いていると
イベントのレポートなどを一週間アップするのが遅れても、
かなり時間が経ってしまった感じがするので、
こうした月刊誌のペースがずいぶんゆっくりに感じますね。
(IWAI)
[PR]
by tenori-on | 2006-10-16 15:32 | media
sonar sound tokyo ライブ無事終了!
d0074455_1204325.jpg
終わりました!!
近々レポートをアップする予定です。
(IWAI)
[PR]
by tenori-on | 2006-10-10 12:03 | SONAR2006
ギャラリートーク@東京都写真美術館
明日10/7土曜日午後2時より、東京・恵比寿の
東京都写真美術館にてギャラリートークをやることになっています。
http://www.syabi.com/details/digigraphy.html

ポストデジグラフィ展の関連企画なのですが、
sonar sound tokyoでのライブの前日でもあるので
ヤマハ西堀くんにも来てもらって
TENORI-ON開発の長い道のりや、我々のライブに関しての
さまざまな話などをしたいと思っています。

写真美術館関連の告知では定員先着20名となっていますが
特別に50名ほど入れる場所を確保してもらえることになりました。

翌日8日の恵比寿ガーデンホールのライブに来られる
予定の方には、よりライブが楽しんでもらえるように、
そして、ライブに来られない方には
TENORI-ONを実際に見ていただけるチャンスになると思います。

よろしければぜひおいでくださいー
(IWAI)
[PR]
by tenori-on | 2006-10-06 18:34 | SONAR2006
紀伊國屋書店@ららぽーと豊洲
このところ何かと話題になっている、ららぽーと豊洲に行って来ました!
ららぽーと内に紀伊國屋書店が新しくオープンすることになり、
店内のショーケースにミニ展示を頼まれたのです。
d0074455_505658.jpg
設営に行ったのは先週金曜日。
こんな場所がまだ都内に残っていたのか!とびっくりするくらい巨大な敷地に
広々とした空間が作られていました。
すぐ目の前は海だし、楽しそうな雰囲気です。
オープン前でまだがらんとしていますが、それぞれの店の中では
最後の仕上げでたくさんの人が慌しく作業しています。
d0074455_51478.jpg
なにしろ広くて、紀伊國屋書店にたどりつくまでにも結構時間がかかりました。
紀伊國屋書店もなかなかおしゃれな内装です。
聞いたら、今回お店に置かれた本は合計約30万冊!だそう。
新規にこれだけの本を整理して並べるわけですから気が遠くなりそうです。
d0074455_511247.jpg
そしてお店の入口からすぐのとてもいい場所に、僕の『いわいさんちへようこそ!』
『どっちがへん?』をずらりと並べてもらえることになりました。(うれしい!)

写真に映っているのは、わが担当編集者藤崎さん。
(以前藤崎さんがほぼ日に書いてくれた文章はこちらです)

すぐ横のレジ前では、新人の店員さんの研修で、あいさつの練習や
レジでの接客のシミュレーションをやっていてほほえましい雰囲気です。
d0074455_511933.jpg
さて、本を並べた隣のガラスのショーケースに
『いわいさんちへようこそ!』に登場した手作りのおもちゃを飾り付けしました。
ガラスケースの後ろが全面バックライト照明になっているので
透明な展示台を使って、おもちゃが浮いているような雰囲気に。
d0074455_513883.jpg
ケース全体もガラスクリーナーでピカピカに磨いて2時間ほどで完成!
こじんまりとしていますがいい感じに展示できました。
d0074455_514989.jpg
最後に本10冊ずつにサインをし、その場で手描きのPOPを描いて終了!

まだオープン前で他のお店が見られなかったのが残念ですが、
ららぽーと豊洲全体、話題のキッザニアもあるし
いい感じのお店がたくさん入っていてすごく楽しそうです。

もし来られる方は、キッザニアのすぐ近くにある紀伊國屋書店で
僕のショーケースもちらりと見ていってください。
本日10/5から本格オープンです。
僕の展示は、途中一部模様替えするかもしれませんが
年内は展示している予定です。
(IWAI)
[PR]
by tenori-on | 2006-10-05 05:47 | etc
今日の朝日新聞夕刊
今日10/3の朝日新聞夕刊にTENORI-ONの記事が載りました。

TENORI-ONプロジェクトの僕の相棒、ヤマハの西堀くんがバッチリ紹介されています。
「○年目の私」という、がんばっている若手社員を紹介するシリーズらしいです。
d0074455_18134013.jpg
この記事にも書かれていますが、最初に僕が西堀くんと出会ったのは、
彼が新入社員だった5年前。

ふたりで意気投合して、新しい楽器のアイデア交換が始まり、
その中からTENORI-ONプロジェクトが始まりました。
アンダーグラウンドで細々と始めたプロジェクトで
社内的にもなかなか理解されず、何度も挫折しそうになりましたが、
プロトタイプを完成させ、自分たちで海外で発表するうちに、
ようやく社内的にも認められてここまできた、という感じです。

外からどう見えているかはわかりませんが、
僕らふたりで地道に国内、海外をまわって展示やライブをやったり、
こうして無料ブログを立ち上げているのも、このような経緯があるからです。
ヤマハという会社のプロジェクトではあるのですが、
そういう意味では、とても自主制作っぽいやり方なんですね。

TENORI-ONは西堀くんにとっても初めての本格的な製品開発プロジェクト。
これまで製品開発が未経験の新人が、ここまでの完全新規の大プロジェクトを
任されるのも異例だそうです。

未経験の我々にとって、製品化への道は困難ばかりですが
ゼロからこうしてなんとか這い上がってきたTENORI-ONは、
僕にとっても西堀くんにとっても、ものすごくやりがいのあるプロジェクトです。
まだちょっと時間はかかりそうですが、なんとか成功させたい!
と心から思っています。
(IWAI)

P.S.
アサヒコムに同記事が掲載されたので、リンクしておきます↓
http://mytown.asahi.com/tokyo/news.php?k_id=13000120610040005
[PR]
by tenori-on | 2006-10-03 18:57 | media


カテゴリ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧