岩井俊雄によるTENORI-ON開発レポート&作品情報
by tenori-on
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
TENORI-ON TNR-i
iPad, iPhone, iPod touchでTENORI-ON!!

TENORI-ON 国内official HP
ついに日本語のTENORI-ON
公式サイトがOPEN!

TENORI-ON Global site
海外向けのTENORI-ON
公式サイト

TENORI-ON myspace music
myspace上のTENORI-ON情報ページ

TENORI-ON HP(old)
開発中に公開していたヤマハデザインサイト内のTENORI-ON公式webです

ELECTROPLANKTON
[Official Japanese site]
[Official US site]
[Official European site]
ニンテンドーDS上で動く音と光のメディアアート 『エレクトロプランクトン』

いわいさんちweb
親子や家族のあり方をテーマにした、岩井俊雄のもうひとつのブログです。
以前の記事
スペースシャワーTVオンエア日程
先日取材を受けたスペースシャワーTVでの
オンエア日程が決まりました!
d0074455_13115484.jpg

◎本放送
SPACE SHOWER MUSIC HEADLINE
7月21日(金)18:55~19:00
「チャート☆コバーン」(18:30~20:00)枠内の5分

◎再放送
SPACE SHOWER MUSIC HEADLINE
7月22日(土)23:25~
7月23日(日)15:25~
7月26日(水)13:25~

毎日5分間で最新の音楽情報を紹介する
SPACE SHOWER MUSIC HEADLINE内で
TENORI-ONが紹介されます。

2分ほどの枠ですが
SONARのライブ映像、僕のインタビューなどが
放送される予定です。
(IWAI)

#7/21はマンチェスターでライブをやる日なので
見られないのが残念…エアチェックしなきゃ。
[PR]
# by tenori-on | 2006-07-13 13:01 | media
T-room project in Tokyo
昨年、金沢21世紀美術館で公開された「T-room project」が
東京・新宿パークタワーのリビングデザインセンターOZONEで展示されます。
d0074455_1393986.jpg

これは金沢21世紀美術館で開催された
「Alternative Paradise ~もうひとつの楽園」展のために
建築家・隈研吾さんからがお誘いを受け、
デザイナーの原研哉さん、深澤直人さんと僕が参加して、
まったく新しい茶室のイメージを制作したもので
今回、東京での初展示となります。

僕は、隈さんデザインのシリコン製の空気でブヨブヨ動く茶室の
LEDライティングとサウンドを担当しました。

会期は7月13日~18日と短めです。
詳しくは以下↓です。
http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/164.html
d0074455_1391999.jpg
d0074455_1392797.jpg

昨日深夜に新宿パークタワーにて設営をしてきました。

金沢21世紀美術館では、非常に天井の高いホワイトキューブ内での
硬質な展示だったのですが、今回はオゾンで毎年行われている
「夏の大茶会」というイベント(一週間で10万人が訪れるイベントらしいです)
の一環なので、ちょっとイメージが
違うのが心配ではありますが…
(IWAI)
[PR]
# by tenori-on | 2006-07-12 13:29 | etc
air artlog
デジスタのスタッフとしても活動している
ディレクションズのキヨシくんが運営している
air artlogは、彼が訪れた世界のアートイベントを
彼の視点による文章と映像とゲストとの対談で紹介しているブログです。
http://www.directions.jp/airartlog/

そこに昨年のアルスエレクトロニカ・フェスティバルでの
TENORI-ONパフォーマンスの映像がアップされました。
(映像には、キヨシくんとゲストの方のコメントが音声で入っています)

このパフォーマンスは、2005年9月2日にオーストリア・リンツ市の
ブルックナーハウスにて、アルスエレクトロニカの
グランプリの授賞式セレモニーの中で行ったものです。
http://www.directions.jp/airartlog/2006/07/post_38.html

d0074455_2235624.jpg


彼はSONARの取材にも来ていて、しっかりTENORI-ON
ライブも撮影してくれたので、そのうちレポートが
アップされるでしょう。

こうした海外のイベントは、なかなか日本にリアルな情報が
入ってこないので、このブログは貴重な情報源ですね。
がんばって続けて欲しい!
(IWAI)
[PR]
# by tenori-on | 2006-07-09 22:42 | media
エレクトロプランクトン欧州版発売
エレクトロプランクトンの欧州版が今日7/7発売となりました!
http://electroplankton.nintendo-europe.com/

うれしかったので天の川を泳ぐプランクトンたちの絵を描いてみました。
d0074455_1216306.jpg

欧州版エレクトロプランクトンでは、日本版、米国版と違って
いくつもの言語に対応できるように、DSの言語設定に合わせて、
メニューなどで表示される言語が変わるようになっています。
さらにオーディエンスモードでボルボイスがしゃべる声も、
それぞれの国の子供たちにしゃべってもらって録音しました。
(オリジナルの日本版では、僕の娘ロカちゃんがしゃべっています)

また、欧州版のマニュアルは、2つの言語を1つのパッケージに
まとめる必要があるのですが、もともとエレクトロプランクトンの
マニュアルは64ページもあって、その2冊分の厚さとなると
DSのパッケージに入らない可能性があり、
欧州版は内容を削って、もっとシンプルなマニュアルに
しなければならないのかな、と思っていたのですが、
最終的には、薄い紙を使ってそのまま全部を
翻訳してもらっていれられることになりました。

それでもかなり分厚いマニュアルになってしまったのですが
もともと一生懸命作ったマニュアルだったし
Nintendo of Europeのほうでも、ぜひそのまま入れたいと
言ってくれたのがうれしかったです。

今月はイギリス、来月はオーストリアと
何度かヨーロッパに行く機会があるので
現地での生の反応が聞けるといいなと思っています!
(IWAI)
[PR]
# by tenori-on | 2006-07-07 12:14 | Electroplankton
PIXELSURGEON
PIXELSURGEONというウェブサイトに僕のインタビュー記事が載りました。(英語です)
http://www.pixelsurgeon.com/
d0074455_120174.jpg

エレクトロプランクトンとTENORI-ONに関して
インタビューしたいと5月にメールが届いて、
その質問にメールで答えたものです。
届いたメールには、イギリスのデザイン雑誌 Design Weekのための
インタビューとあったのだけど、雑誌の記事のほうは未確認。

まもなく、欧州版エレクトロプランクトンが発売される(7月7日)
ということもあって、最近、ヨーロッパから
TENORI-ON&エレクトロプランクトンに関して
インタビューしたいというメールが増えてます。

7月7日の七夕が発売日になったのは偶然ですが、
つい、天の川を泳いで、キラキラ光りながら
ヨーロッパに渡っていくエレクトロプランクトンたちを
想像してしまって、ワクワクしています。

僕の作品はヨーロッパの人たちが
よく評価してくれることが多いので、
エレクトロプランクトンがどう受け入れられるか、
個人的にとても楽しみなのです。
(IWAI)
[PR]
# by tenori-on | 2006-07-04 01:31 | media
スペースシャワーTV取材
今日午後、スペースシャワーTVの音楽情報番組
「SPACE SHOWER MUSIC HEADLINE」の取材を受けました。
(毎週月~金 18:55~19:00の5分間&当日深夜、翌日早朝リピートあり)

5分間番組の中の2分程度の短いコーナーですが
SONARのライブ映像なども織り交ぜて、TENORI-ONが紹介されます。
今日インタビューがあったばかりなので、放送日はまだ未定。
7月中旬くらいになるそうです。
放送日が決まり次第、このブログでアナウンスします!

d0074455_2148442.jpg
d0074455_21481830.jpg
ただのマイクだけど、このTV局ロゴが入るだけで
なんか特別な存在になってしまうのが面白い。
いったい誰がいつこれを発明したのだろう?
(IWAI)
[PR]
# by tenori-on | 2006-06-29 21:55 | media
SONARライブを終えて
少し時間が経ってしまいましたが
SONARのライブを終え、日本に戻ってきてから考えた
SONARの印象、その他を書き留めておこうと思います。

まずSONARは予想していた以上のビッグイベントでした。
でも、それがそんなものすごい大都市でもないバルセロナで
行われていることに、心地よさを感じました。
最初からビジネス的にねらってドン!と仕掛けられたのではなく
徐々に自然と人が集まって大きくなった印象で、
バルセロナの街自体が持つ熱気と不思議と調和しているのです。

ヨーロッパで開催される
他のテクノロジーアート系のイベントでも、
同じような心地よさを感じることがあるのですが、
ヨーロッパの人たちは
古いものと新しいものを絶妙にマッチさせるセンスや
技を持っているのではないのでしょうか。

そして、SONARでは誰一人として、
主催者さえも全部を把握できないのでは?と思わせる
テンコ盛りのイベント数とその同時多発性にも驚かされました。
単なるお祭り騒ぎを楽しもう、という万単位の人々から
真剣に次の時代の音楽を探しにくるコアな人までが集まり、
企業デモから実験的なライブ、インスタレーションと、
人も作品も非常に幅広いレンジをカヴァーしているところが
とてもいいのです。

そういえば、僕らがライブをやった会場は、
数百人も入ればいっぱいの
SONARの中では小さいほうの会場で、
しかも場所が他とは離れていたのですが
むしろ新しい音を真剣に聴く、という意味では
すごくよかったことが後でわかりました。

他の大きな会場では、同時多発的にいくつもの
ライブが進行していて、
それこそお祭り騒ぎのようにDJが大音量でやってるものも多く、
その横で実験的なものをやっても、
音が混じってしまったり、客層が合わなかったりと
あまりいいコンディションではなかったようです。

最初の印象では僕らの会場は小さめだな、と思ったのですが
そういう意味では、我々にとっては、
環境も来てくれた客層もベストだったと言えそうです。

そもそも、SONARに誘われたのは、
昨年9月に参加したオーストリア・リンツ市で
開催されたアルスエレクトロニカ・フェスティバルの時でした。

そのアルスエレクトロニカに参加することに
なったのも、直前の8月のLAでのシーグラフでのことで、
ドミノ倒し的に話がつながって、
今回のSONAR参加が実現したのです。
とてもラッキーでした。

そして、別にミュージシャンでも
なんでもない我々を、わざわざはるばる日本から
招待してライブを依頼してしまう大胆さ!
それもさりげないところが
SONARという器の大きさを表しているかもしれません。

僕としては、TENORI-ONという、
いま自分が作っている新しい楽器が、
将来人々の手に渡ったときに
どういった可能性を開けるのか、
自ら身をもって体験できました。

そして従来のミュージシャンとは
まったく違ったスタンスとして
自分のアイデアで自ら新しい楽器を作っていることが
音楽の新しいスタイルを作ることと同じように
SONARという場所で評価された、
ということがすごくうれしかったのです。
(IWAI)

d0074455_216370.jpg

[PR]
# by tenori-on | 2006-06-28 21:07 | SONAR2006
うれしかったこと
ライブの翌日(SONAR最終日)、
夜の池田亮司くんのステージを見ようと
ランブラス通りを急いで歩いていると、人ごみの中で
誰かに突然、肩をたたかれて呼び止められました。
振り向くとそこにはヒゲづらの外国人の男性。
ニコニコしながら「昨夜、ライブやった人でしょ?」と
下の写真のように両手を上げて指を動かすジェスチャーを
しながら話しかけてきました。
d0074455_494760.jpg
「昨日のパフォーマンスは僕が見たものの中で最高だったよ!」
「え、本当?ありがとう!」

もちろんお世辞も少し入っているでしょうが、
その心からのニコニコ笑顔に本当にうれしくなりました。
聞けばオーストラリアで音楽関係のプロデュースを
やっているとのことでした。
はるばるオーストラリアからもSONARに来ているんですね。

実はこのとき、ほめられたことより
内心もっとうれしいことがありました。
それは、その彼が声をかけてきたときの手の動作です。
彼がやってくれたポーズと指の動作で
すぐにTENORI-ONのことが言いたいのだとわかったのです。

ピアノ、ヴァイオリン、ギター、フルートなどの楽器は、
空中で手を動かして演奏する真似をしただけで
すぐその楽器だとわかりますよね?
楽器の形とともに、その演奏方法もとても個性的です。

TENORI-ONのことを
まったく新しい楽器にしたいな、と考えていたとき、
形だけでなくその使い方や演奏するときの人の動作も
他のどんな楽器にも似ていないものにしなくては、と思っていました。
d0074455_22565685.jpg
見知らぬその人が、TENORI-ONのことを
的確にジェスチャーで表現してくれたことで
それがかなり成功していると確信できて
僕は心の中でさらにニコニコしていたのでした。
(IWAI)
[PR]
# by tenori-on | 2006-06-18 21:00 | SONAR2006
楽器としてのSOUND-LENS
今回のライブでTENORI-ON, Electroplanktonとともに
非常に活躍したのがSOUND-LENSです。

SOUND-LENSは、2001年に僕が展覧会用に制作した
光を音に変えるモバイルタイプの作品。
作ったときから、いつかこのSOUND-LENSを楽器のように使いたい、
と思っていましたが、ついにそれがSONARで実現しました。
d0074455_184486.jpg

d0074455_19064.jpg
ステージの中央に譜面台を使って、25個の青緑色のLEDを
マトリックス状に並べた光源を設置。
LEDにSOUND-LENSを近づけると、その光が
レンズを通して音に変換されて聞こえます。
LEDひとつひとつが違う音階を出すようになっているので
光の前でSOUND-LENSを手に持って上下左右に動かすと
楽器のように演奏できるのです。

空中で手を動かして演奏するところは、ちょっと
テルミンに似ています。光のテルミン、といった感じでしょうか。
d0074455_191595.jpg
今回のSONARライブでSOUND-LENSを演奏してくれたのは
ヤマハ西堀くんの学生時代からの音楽仲間、小島くん。
元ドラマーでMAX/MSP使いでもある彼が
世界初のSOUND-LENSによる演奏に挑戦し、
さまざまなテクニックを編み出してくれました。
日々、演奏の表現力が豊かになっていったのには僕自身も驚きました。
やはり楽器は、人によって磨かれていくのです。
(IWAI)
[PR]
# by tenori-on | 2006-06-18 10:07 | SONAR2006
SONAR by Night
我々のライブ終了後、すごくヘトヘトだったのですが、
気分よく打ち上げたこともあり、深夜のSONARイベントを見に行くことに。
というのも、SONARは夜のライブこそが一番の見所、と聞いていたからです。
会場はFira Gran Via M2という、市街から離れたところにある
幕張メッセのような見本市会場だそう。

深夜の2時ごろ、なんとかタクシーをつかまえて会場へ。
これ以上は車では入れないから、と言われた場所から
会場に近づくも、なかなか入口にたどり着けず、
延々と周囲を迂回することに。

そしてようやく到着したのは、本当にものすごく巨大な会場でした!
大音量と光の中、万単位の人がうじゃうじゃいる光景は壮観。
昼間の人ごみで驚いているようでは甘かった!
SONARの真価はこれだけの会場にこれだけの人を集めてしまえるところなのだなあ。
d0074455_0501995.jpg
d0074455_0503187.jpg
d0074455_0503880.jpg
d0074455_0504627.jpg

Jeff Mills, Herbertなどのライブを堪能。
丸一日立っていたので足がガクガクになりつつ5時くらいまで滞在。
さていったいこれだけの人数がどうやってここから帰るのか?
と心配になりながら会場を出ると、少し離れた場所にバスが次々と到着。
しかし、それ以上に人が多いのでバスの争奪戦になり
またもや思いっきり走って新しく到着したバスへと乗り込む。
結局ホテルに帰り着いたのは朝7時半ころでした…
今日は本当に一日が長かった!
(IWAI)
[PR]
# by tenori-on | 2006-06-18 08:32 | SONAR2006


カテゴリ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧